「違法民泊実態調査」とは、違法民泊物件の特定と実態解明・証拠収集を、調査会社としての知識と技術を駆使することにより可能にした調査です。

  • ・民泊被害から居住者を守る。
  • ・近隣住民の不安を解消する。
  • ・問題・事件の予防対策。

違法民泊実態調査とは!

STEP1
バケーションレンタルサイト又は居住者アンケートで対象物件を洗出し、物件を絞り込みます。
STEP2
違法民泊の疑いのある物件を特定します。
STEP3
架空予約で住所部屋番号を特定する。
STEP4
法的届出がされているかを調査する。(特区の場合条例に違反していないかを調査する。)
STEP5
ゴミ出し時に不法投棄をしていないかを調査する。
STEP6
証拠収集(データコピー・撮影・証拠保存など)
STEP7
法的手続き(提携の法的専門家が対応いたします。)

民泊バスターズの「違法民泊実態調査」が選ばれる3つの理由

1
調査会社の知識と技術・証拠取集能力と違法民泊実態調査を専門に行なう為の独立した会社。
2
警察OBおよび法律専門家と提携している事からどの様なシーンにも対応が可能です。
3
確実な証拠収集技術とその後のアフターケアで納得のいく結果を約束。

調査報告項目

  1. 1・物件情報「貸出形態、宿泊料金、宿泊施設利用期間、宿泊者数、予約状況」
  2. 2・物件のリスティングページのコピー、予約確認書を取得。
  3. 3・宿泊客の画像・録画
  4. 4・ゴミ分別及び産廃違反(画像・録画)